読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

404 Not Found

お探しのページは見つかりませんでした。

日本人らしいヒップホップ?

ラップって?

N.W.Aの伝記映画『Straight Outta Compton』がアメリカで大ヒットし、とうとう日本でも上映が決定しましたね。ギャングスタラップの始祖のEAZY-EやDr.DREICE CUBEなど最強(最恐?最凶?)のメンバーが揃った世界を揺るがすグループの伝記映画は必見です。僕も観に行ったら感想書きます。

 

実際に見に行ってきました!

ちょっとこちらの記事の最後の部分を読んでください!

そっちのほうがこの記事を読む上で役立つので!

 

ラップというかヒップホップは、

日常を切り取っているだけ

これに尽きるのではないでしょうか。

 

という部分を前提として持っていただければOKです!

 

では、さっそく本題!

日本人らしさってなんだろう?

 

日本人は、歴史的に見ても徒然草古今和歌集などの書物からも分かるように、日常生活を四季折々の風景とともに少しだけ切り取る、そんな民族性があるのではないかと思います。

 

「ゆれるfeat.田我流/EVIS BEATS」もEVISBEATSの無駄のないシンプルでポップなトラックに、田我流の日常生活のワンシーンを切り取ったようなリリックを乗せ、PVも至ってシンプル。田我流を知らない人が見たら、ただの素人が趣味で製作したような感想を持つと思います。でも、それこそが粋なんです。

 

同じ時間のPVでも、ジャニーズやアイドル、大物アーティストと言われるような人たちは、たくさんのお金と時間をかけて海外ロケにも行ったりして、一つのフィクションを作り上げていきます。ヒップホップアーティスト達もオーバーグラウンドのメジャーで活躍しているような人たちはお金と時間を掛けることもあります。しかし、それは成り上がったという証明をしている場合もあるのです。そういう意味では、現実(リアル)を投影しつつも憧れや夢を見させてやっているんだぜ、という意味もあるのではないでしょうか。

 

そういう点では、「ゆれる」のような馴染みやすい曲のほうが好きですね。とりあえず、見てください!地元感に溢れんばかりの数分間!

 

無駄を一切省いた、足し算ではなく引き算で作り上げたような曲です。ヒップホップが嫌いな人に勧めるには無難な曲だと思います。

 

この心がゆれる時がある
本の中に答えを見つけた時だったり
またはステージの上でハイな時だったり
好きな子とまったりな時だったり

たまたまDigした1枚のvinylだったり
感動して頬伝う涙だったり
それはバイト帰りのサンセットだったり

 
youtu.be