404 Not Found

お探しのページは見つかりませんでした。

プレゼントしたい本?オススメな本!

今週のお題「プレゼントしたい本」

 

はい、今回は今週のお題に沿った投稿!

 

皆さんは“いじめ”って知ってますか?

たぶん、みんな「当たり前でしょ(笑)」って思いましたよね。

 

でも、それってよく考えてみたら悲しくないですか?

“いじめ”っていうのは当たり前にあっていいものですか?

違いますよね。

 

“いじめ”が存在しているっていうことは、

“いじめられている存在”も生まれているということです。

 

皆さんは

いじめられた経験がありますか?

いじめられている誰かを見たことがありますか?

 

いじめられた側の気持ちを考えたことがありますか?

さて、そんな皆さんに紹介したいのがこの一冊

いじめのきもち (単行本図書)

いじめのきもち (単行本図書)

 

 

僕自身がこの本と出会ったのは

2014年に森美術館で行われていた

「ゴービトゥイーンズ展 子どもを通して見る世界」の中の

子どもたちに関連する書籍を集めたコーナーでした

 

ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界 | 森美術館

 

この本を読んだ時にすぐに買うことを決めました。

元々、僕は子ども達の感性に頭が上がりません。

 

とてつもない想像力で真っ白なキャンバスを染める

彼らの感性にはどんな大人も勝てない気がします。

 

そんな彼らがいじめられた時、

彼らは何を感じるのでしょうか?

 

彼らがいじめられた時、

彼らは何を感じたのでしょうか?

 

大人よりも遥かに少ない語彙量と

大人よりも遥かに優れた感性で

いじめられた時の気持ちを綴っています

大人でもハッとさせられるものがあります

 

「読み返さなくてもこの本は大切に保管しよう。」

そう思ってこの本を買いました。

 

一つ一つの作品をゆっくり読んでください。

流して読むと重みが半減します。

この本はゆっくりと反芻してください。

 

是非!